忍者ブログ
Yeheyuan to utau Android
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9
Posted by - 2017.07.26,Wed
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by Dixie - 2008.07.28,Mon

一時期のショックも薄れつつあるのでもうアップしてもいいかー、
と思うに至りましたよ。淡々とした曲です、淡々と。
丁度この曲を作っていた時にアーサー・C・クラークの「楽園の泉」と
スティーブン・キングの「The Stand」を読み返してて、
なんか 混ぜちゃった…みたいな感じです。

最後の異国語っぽいのはエスペラント語で歌を作ろうとしてた名残です。

Mi amas vin

うん、開始2時間で諦めたんだ。
英語の記憶領域が侵されて、デフォルトのエスペラント語に
切り替わったとか、………むーん苦しいな(笑
PR
Posted by Dixie - 2008.07.27,Sun


このバージョン知らなかった、うあああああ゛あ゛やば過ぎるなにこの極渋な音。
全てが、…ほんとに全てがかっこいいです。

最近神とか軽々しく使い過ぎだと思うんですようん、私の人生を変えた
曲/ミュージシャン、カーティス・メイフィールドにアル・グリーン
彼らが歌う人間讃歌、ゴスペル、その凄まじいことと言ったら…。
クリスチャンでも無いのに安易に言うのは憚られますが、
私にとって神とはこういうものなのです、ハレルヤ!
ゴスペルには深い深い絶望を癒してくれる切ない響きがあります。

元の解釈とは全然違うんですが山頭火の歌

"なみだこぼれてゐる、なんのなみだぞ"

を思い出しました。もう滂沱の涙ですよ、涙そうそうですよ。
Posted by Dixie - 2008.07.27,Sun
runrunrun.jpg






今日の音楽ランキング。こういうくだらない(褒め言葉)の大好き。
Posted by Dixie - 2008.07.26,Sat


ようやくアップ、ふぅ。act2どうでしょう。弄ってる内に
また良し悪しが分からなくなってきたので、見切り付けてアップしました。
声はともかくミックスは少しは良くなった…筈!!

こういうアレンジは実は昔々に自分がよくやってたタイプでして。
今回リメイクして大分満足したので、当面は違う方向に挑戦してみたいなーと
考えてます。
Posted by Dixie - 2008.07.26,Sat
にゃっぽんでも日記を書き始めてどう使い分けようか思案中です。
といっても普通のエントリは全部こちらに書くつもりなので、
にゃっぽん日記はネタとして取り上げる程でもないぼやき日記とかに
なりそう。

花曇act2を作っていまして、相変わらずミックスで死にそうになってます。
もうこういうバンド系の音は駄目だ、本当に苦手。リアルバンドでは
処理しなきゃいけない音のカブりも無いのに全然まともにミックス出来ず。

で、仮の完成品をmp3に変換してQuicktimeとiTuneでモニターしてみたんですが、
あれ、音が違う? iTuneの方がほんの少しレベル突っ込んだように滲んでて、
音の芯がややブレてカスカスしてる感じ。プレイヤーによってこんなに
音質が違うものだったんですね。最近新譜はiTSでしか買ってなかったので
結構ショックです。とはいえ代替になるようなものも無いしなぁ…どうすべ。
最新CM
[12/02 fannimenar]
[12/02 addyjeter]
[12/02 salhtunhun]
[12/02 larnellwil]
[10/18 Dixie]
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]